So-net無料ブログ作成
検索選択

立て直す。 [思うこと]

夏ライブ第一弾は先週末のファンチキと吉フェスだった。
近年稀に見るボロボロのパフォーマンスで、
完全にノーコントロール、自分が自分じゃないような
不思議な感覚のまま歌い終え、ステージを降りた。
こんな時に限って、初めましての人や、
高校時代の懐かしい友人や元カレなどが来てくれて、
悔しさ倍増、
過去を振り返らないこの私がただちに猛反省。
若い頃ならば、こんなことはしょっちゅうあって
悔しさが抑えきれずに
お客と目も合わせられない失礼なヤツだったけれど、
今この歳で、この立ち位置で、
こんな思いをするのはもう嫌だ!
自分で作った歌を、思いのままに表現できなくてどうする。

立て直す。絶対に。立て直す。

貴重な週末のひととき、
来てくださったみなさま、どうもありがとう。
申し訳ないのだけど、また来てください。


さて。
毎年のことながら、夏バテモード。
ただでさえギリギリのエネルギーで生きているというのに、
ある日突然子育てが始まった。
体も心も、何の準備もできていないまま。
ある夜、チロタン(犬)の小屋の上に、
「smile for tohoku」と書かれたお菓子の箱が置かれていて、
中には生後間もない2匹の子猫が。
前回は怒りのブログになってしまったが、
読んでくれてありがとうでした。
嫌な気持ちを共有させてしまったね。
言いたいことはめっちゃあるけれど、
とにかく今は子育てに専念することにする。

「なぜだろう ライブの前に ネコ拾う」

と、おおかたネタになりつつあるこんな状況、
受けて立とうじゃないの。
追い込まれると燃えるタイプなのさ。
天は時々、私を試したいのだ。


ホームページが素敵になりました!
夏ライブなどなど更新していきます。
みかりんありがとう。



<7月の日々のこと1>

<7月の日々のこと2>

<7月の日々のこと3>

<7月の日々のこと4>

<7月の日々のこと5>

<7月の日々のこと6>

<7月の日々のこと7>


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

もうそんな歳 [思うこと]

一気に蒸し暑くなった徳島です。
雨がやんだとたん、律儀に泣き出すセミたち。
数年前までこれにカエルも参戦していたけれど、
埋め立てて駐車場になってからは、もう聞こえません。
今年は本当に雨や曇りの日が多いなぁ。
本来梅雨ってこうなのかもしれないけれど、
朝から雨だと出かける意欲がなくなるし、
曇りだとなんだかずっと眠たいし、
覇気がないダメ人間とはまさにこれか、と思ってしまう。
青空と太陽が恋しいぞ。

さて、しばらくぶりの日記。
実は、近年稀にみる大事件が起きました。
オカンが病気になったのです。
何が何だかわからないままオタオタしていた私を置いて、
とにかく緊急を要する手術で、
その最中、さらに超緊急事態が発生して、
市民病院から日赤まで救急車で搬送、
夕方にも関わらずまたしても緊急手術。
市民病院のドクター自ら救急車に同伴してくれたほどなので、
相当な状態だったみたい。
「マジやばい・・・」
普段なら若い子たちのように良い意味で使うそのフレーズを、
半泣きで電話したオトンに言い放ち、薄暗い待合室で、
重たい空気が漂う中、嫌な感じの電子音が遠くに響く中、
情けないくらいにただオタオタするだけ。
だいたいそもそも、私は病院が嫌い。
駐車場に車を止めたあたりで早くもめまいが、
自動ドアをくぐった頃にはすでに意識が遠のいている。
熱が出るのはもちろん、たとえ頭や喉やお腹が痛くても、
ハーブや梅干しや葛粉、保温やマッサージや気力で治します。
ケミカルなものを避け、ナチュラルなもの、
オーガニックなものを通じてこそ
シンプルで強い暮らしができるのだと信じたい。
・・・とはいっても、だ。

結局、
異なる町の病院同士、異なるお医者さん同士の連携プレーのおかげで、
どうにか一命を取り留めた母。手術は無事成功しました。
いざとなったら、病院の垣根なんて越えてしまうのね。
人命第一。
市民病院のあの女医さん、かっこよかったなぁ。
きっと私より若い。

こうしてここに書けるということは、
私自身も落ち着いた証拠。
今さらだけど、ふと思う。
なんか、いつの間にか、もうそんな年なんだな。
親が健康に支障をきたす年。
寝耳に水、鳩に豆鉄砲とはこのこと。
歳とったわ〜などと笑いながら言っていたけれど、
親たちはさらに上を行く。先を行く。
今回の一件で、
私は自分が長女だってことを思い出した。
出遅れたオトンが駆けつけるまでの間、
お医者さんや看護師さん、経理の人、
麻酔科の先生など、実に様々な人の話しをリレー式に聞き、
様々な書類に目を通し、次々に署名と捺印をしなくてはならない。
「ご家族の方」=自分なのだと、
この時改めて自覚。
医療事務の資格を持つ妹の方がよっぽど、
冷静に話しを聞いていたし、理解をしていたし、
確実に頼りになった。
末っ子つえぇー。
長女よえぇー。

手術から2週間が経ち、
毎日コマッチマ港の絶景を眺めならが食欲全開なオカン。
マジやばかったんじょ!
死にかけだったんじょ!!
と恩着せがましく怖い顔で言ってはみるが、
本人はというと、日々元気になっていく自分の体が嬉しくて仕方ない様子。
それに、代わる代わるこうやって家族がお見舞いに来ることも。
そうなんです、25年にも渡り、
実に、実に、
色々いろいろイロイロiroiroあった皆谷家ですが、
ここにきてまたひとつになろうとしています。
どうなるか分からんけどさ。別に期待はしてないけどさ。
それよりもまずは。
検査やらリハビリやらが待っているからね。
じっくりゆっくり、頑張れオカン。
病室で、昼食に出されたカップのヨーグルトをこっそり持って帰れというオカン。
「バレんよ」
いや、バレるから。食べた量までしっかり記録されてるから。
それだけではない。
摂取できる水分量がきちんと決められているというのに
勝手に給湯室でお茶を作って飲んでいたオカン。
それが見つかった時、
ペロッと舌を出してガチで昭和なごまかし方をしたオカン。
あなたのそのトンチンカンで自由奔放な生き方が、
私の人生の指針になっています。今でも。
元気になったら、
得意の無茶振りをひとつくらい聞いてあげようかな、なんて。


<6月の日々のこと3>


<6月の日々のこと5>

<6月の日々のこと6>


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

今、できること [思うこと]

flower.JPG
祈ること。
備えること。
続けていくこと。


本当は「祈り~song for you」を
弾き語りで録音してアップするつもりでいました。
でも、
テレビ画面で当時の様子を再び見て、
現地で暮らす人たちの声を聞いて、
どうしてだか分からないけど結局歌えませんでした。
ライブではいつもやっているのに。

ピアノの蓋を開けたり閉じたりして昨日が終わり、
いろいろ思い悩んだ末、弾きました。
この歌も、復興応援の曲として多くの人の心に響いています。
一日でも早く、みなさんが笑顔と安心を取り戻せますように。
心を込めて弾きました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
東日本大震災復興応援チャリティーソング
「祈り~song for you~」
https://itunes.apple.com/jp/album/id451426474

200円でダウンロード購入できます。
売り上げは、
被災地の子どもたちを笑顔にする活動をしているこの団体へ寄付しています。

会計報告や被災地訪問の様子はこちら。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

2014年、シメ [思うこと]

いつもの店で、はじまりました。

今年は、

新しくオープンしたライブバーが忙しい春さんと、

私のことがやっぱり嫌いなレイちゃんが欠席、

それに、

本来いるはずのクワガタ殿の不在がどうしたって目立ち、

寂しさに輪をかけて涙酒に・・・

 

なるはずが、少数でも白熱トークで盛り上がりました。

2.JPG

 

1.JPG

お刺身、天ぷら、和え物、酢の物からの、お寿司

大将の料理は、いつもちゃんと、ほっとするうまさ。


3.JPG

文特製、柚子味噌

これがまた、めっっっちゃうまいの!!

ちりめんじゃこの香ばしさに柚子の酸味、

お酒がすすみます。


5.JPG

今年もこれを呑みました。

お米の焼酎。香りがいい。


 

4.jpg

アルバム録音からライブツアーまで、

カッチリしっかり叩いてくれたごーだはん、

今年急激に仲良くなったひとり、

デザインやプロモーション面で協力してくれたみかりん、

灼熱の野外でも歌いやすい音作りをしてくれたラビット・ヲガタ、

秋彩のポスター撮影でオトナ皆谷を創造してくれたエリカ丼、

そして、奇跡の復活を遂げて会計係に復帰してくれたまりつぁん、

本当に、たいへんたいへんお世話になりました。

みんながいてくれるから、

自由で奔放な私がこうやって思う存分、

ほとんど素のままで歌っていられるのよ。

ありがとう。感謝しています。

ラブラブメールは送らないけど、みんな大好きよ!

 

しかしながら、終盤にはお約束の「皆谷ダメ出し大会」もあり、

プロとしての自覚やライブのクオリティなんかの厳しいお話を聞いて、

すっかりしょげかえって酔いが吹っ飛び、

泥酔のエリカ丼をかついで帰りました。

・・・嘘です。この距離でタクシーでした。

すんげーヘベレケだったんだもの!

丼も!まりつぁんも!!

 

一夜明け・・・

6.JPG

2014年最後の朝焼け。

6時半起きです。

運転して、二日酔いほかほか丼をお家までお届けに。


7.JPG

いつもと同じ道、同じ一日なのに、

なぜか特別な気がします。

一年のシメ、最後の最後で前向きでいられることが嬉しい。

 

家族、友人、ファンのみなさまへ。

今年一年、温かい応援を本当にありがとう。

この歳で歌を続けていられるのは奇跡です。

もちろん、前を向かなければ消えてしまう奇跡。

努力を怠れば劣化してしまう奇跡。

そして、私の声を、ピアノを、

聴いてくれるあなたがいなければ成り立たない奇跡。

秋彩をリリースして、

長年の夢だったシーズンリレーが終わった今、

改めて思います。

やっぱり歌い続けたい。

表現者であり続けたい。

企画モノは終わったけど、まだまだ歌を作りたい。

若い子たちも頑張ってるしね、

隠居したっていいんだけどね、

でもまだ、私が歌いたいのです。

本当に、ワガママゆーてます。

だけどね、こんなやつ一人くらいいてもいいでしょ。

 

来年はしばらく冬眠をしてから、

また歌い出すつもりでいます。

すごい計画があります。

お楽しみに。 


みなさまにとって、来年も素敵な一年になりますように。

ありがとうございました。

            2014年12月31日 皆谷尚美




☆番外編
1.jpg
まさかの、連チャン「文」。
姪っ子です。
秋彩の1曲目「この道」がお気に入りらしく、
かわいく歌ってくれました。
ラリラ〜〜〜♫

2.jpg
厳かに、お年玉贈呈。
一日早いけど。

3.jpg
甥っ子1は中2、
甥っ子2は小2、
だから硬貨を2枚ずつね、ともっともらしく解説しているところ。
「えぇーーーなんで一緒なん?しかも硬貨なん??」
広島イントネーションで問いつめられるのはこのすぐ後。
紙幣じゃないところが愛嬌じゃけえ。

4.jpg
弟の子どもと妹の子ども。
それぞれに、こんなに大きくなりました。
そりゃ私も歳とるわ。
一緒に酒が呑める日を楽しみにしてるからね。

今夜は嵐。
明日は雪の予報も。
みなさん気をつけて。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ツアー終わりました [思うこと]

徳島からはじまり、
東京、兵庫、香川、大阪と計10カ所でのレコ発ライブが
おかげさまで無事終了しました。
いろんな町で、いろんな景色や空気感、
人が放つ雰囲気を感じられたし、
あちこちでいい出会い、再会があり、
歌い続けて本当によかったなぁと実感しました。
幼稚園や小学校などへの出前コンサート
チャリティーイベント、村祭りなども含めたら、
この秋は本当にライブ三昧。
たくさんステージに立たせていただきました。
主催者やお店のみなさまには本当に感謝しています。
共演してくれたミュージシャンたちも、
本当にありがとう!!
いい刺激をいっぱいもらったよ。
ライブに来てくれたひと、
アルバムを買ってくれたひと、
本当にありがとう!!
等身大の今を込めた歌たちは、
秋の夜長に馴染みましたか?


思えばデビューから15年。
いいこともよくないこともたくさんありましたが、
やりたいことといえば、つまりはこういうことなんだな。
こんなふうに生きていたいから、
それに付随するいろんな試練が巻き起こるんだな。
歳をとったせいか、妙に納得です。
この声がいつまで出せるか、
この指がいつまで動くのか、分からないけど、
精一杯うたうたいをやらせてもらおうと思っています。
創作者と表現者を両立して、
人の心に響く歌をうたっていけたらと思っています。

この年末年始は、
歌い手でも聴き手でもなく呑み手にまわりますが、
(年内2週間だけで7回も呑みに出かけちゃう〜♡)
今回の冬眠は、濃い充電期間になりそうな予感。
そして来年には、
またひとつ夢が叶う一大プロジェクトが待っています。
ついに!!!結・・・
だから違うってば。


さてさて。
そろそろ冬本番。
今夜は徳島も雪だそう。
耳をすませば・・・
ジングルベルが聞こえてきそうです。

サンタさんへ。
今年1年かなりいい子にしてました。
手軽にお酒を燗できる酒燗器をください。


☆秋の酒旅 大阪編


☆「ふゆうた」アップしました


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

天気雨 [思うこと]




常に平常心でいたいんだ。

そう言っていた。
フラットな状態で周りと接していないと、
いざという時に向かいたい方向に舵取りできなくなるから、と。


予定よりかなり遅くなったけど、
なんとかプレス工場へデータを入稿した2日後、
彼は次のステージへと旅立った。


自分に厳しく、
社会にも厳しく、
アンテナを張り、観察をして、分析をして、
空想を形にしてきたアーティスト
古めかしさや人間臭さが好きで、
珈琲が好きで、熱燗が好きで、
人知れず咲く草花や誰も気にとめない裏路地の看板なんかに、
いちいち足を止めていた。
私の最大の特徴であるいい加減さや、
世間外れな価値観、素直じゃないところを指摘して、
でもこんな奔放さを、らしいね、と笑い飛ばしてくれた。
そしていつだって、私の歌を側に置いてくれていた、
ひとりの、
男の、
大人なのに、
子どもで、
頑固で、
やんちゃで、
偉大なアーティスト。


彼との間に生まれたアイディアは、
今もこの胸の中に生きていて、
世に出るのを待っている。
できるかどうかは私の力量次第。
きっと、ずっと、
あんなふうに見てるんだろうな。
若干呆れながら。
でもきっと、
らしいね、と笑いながら。

ありがとう。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

学習しました。 [思うこと]

イカって凹んで無人島にまで行った私ですが、
ゆーても世間は夏休み
いつまでも引きずるわけにはいきません。
サマータイムで働いております。
朝から汗だくでハイテンションキッズがやってきます。
毎年のことだけれど、
玄関のドアを開けるたび、黒さが増していてオモロイ。
サンボ(黒猫)に勝てるか勝負じゃ!とかゆーてるヤツもおります。

あれから
ミュージシャンやマスコミのみなさんから、
いろんな経験談やアドバイスなんかをいただきました。
彼らの言うことをまとめると、
こんなことは普通にある話しらしい。
私が今まで気づかんかっただけらしい。

イベンターとかマネジメントをしてくれる上で、
人件費とかもろもろを出演料から引くことはもちろん知っていたし、
そんなことはイベントライブなんかじゃ当たり前だと思っている。
その中身まで私が知る必要もないし、
主催者とイベンターでやりとりすればいいことだよね。
しかし今回のは、
主催者すら何も知らんかったということに驚き、
私の歌を聴いたことがないのに私を紹介して
仲介手数料をガッツリ取ろうとすることに驚き、
そしてイカって凹んでここに書き殴り、翌日船に乗ったのだ。
こんなのが当たり前と言われたら、
もう誰も信用できなくなるではないか。
出演料の交渉は、いつも本当にやりにくい。
相手はみんなして「予算がないので」と前置きして情に訴えるし、
意味のあるイベントにしたいこと、
そしてそれにはぜひ皆谷さんに歌ってほしいこと、を、
熱烈に告白してくれる。
それをできれば信じたいのだ。
金額で曲数やクオリティが変わるわけじゃないから。
そんなこと、考えながら歌えないから。

でもまー、私があまちゃんだったのかな。
おかげさまで、めでたく学習しました。
こんな気持ちになりたくないから、
みんなどこぞの事務所に所属したり、
マネジメントを身近な誰かに頼んだりするんだね。
そういうことだったんかー。
おばちゃん全然知らんかったわー。

よーし!!
明日はハイテンションレッスンの合間を狙って、
スタジオにて最後の歌入れです。
最後・・・になりますように;;
みんな祈って。
naominコーラス隊、オラオラ[むかっ(怒り)]じゃなくてルラルラ[るんるん]歌います。

ゆうべ、楽しくめでたい宴があって、
ビールからの日本酒ひとくち(ホンマじょ;)からの、
焼酎ロック3杯呑んだら今日は午後まで二日酔いでした;;
お酒弱くなったなぁ。
あ、でも31度とかあったなぁ。

なので本日は、このままシラフで眠ってみようと思います。
どうしよう、怖い夢とか見るやもしれん。


明後日は恒例の早朝ライブ。
いつもよりさらに早起きをします。
朝の河川敷も気持ちいいよ。
今回は久々に、
いつも無駄に早起きなゴーダはんと、
この春から謎に早起きなレイちゃんも出演してくれます。
ぜひいらしてください。
し、しまった!!明日も呑めん・・・(泣


吉野川フェスティバル「モーニングライブ」
9:00〜(よりも絶対早くスタートします)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

初体験!! [思うこと]

今日、お祭りでライブしてきたのだけど、

かなり残念なことがあった。

長いです。いつも以上に。

しんどくなるかも。

でも聞いてほしい。

 

ライブ直前のこと。

今日はよろしくお願いします、と挨拶に伺うと、

主催者の偉いさんから「出演料です」と言って差し出された封筒には、

仲介者から予め告げられていた金額よりも多い数字が書かれていた。

カンカン照りの山の会場、真っ白いテントの下、驚く私。

固まる仲介者。

そう、これまで自分には決してないと信じていたピンハネというやつを

35歳と11ヶ月にしてめでたく体験したのである。


「言われた通りご用意しました」と、主催者。

慌てた仲介者は唐突に、

「あ、ここから手数料引かせていただきますので!」

そういって、なぜか封筒をしまい込んでしまった。

え?手数料?なんの??聞いてないけど;;

 

ライブ後、その仲介者は

「言ってた額よりちょっと多かったみたいですね〜。

実は源泉徴収などあるので、事務手数料として1割いただきます」

と改めて告げにきた。

ん??源泉徴収?

主催者から直接私がもらったらアカンの?

これはお祭りの実行委員会からの謝礼じゃないの?

市から支払われるお金なの?

しかも1割が1万円て;;

てことは、私の今日のこのライブは10万円になっちゃうけど。

すげーーー。助かるーーー。録音に使うーーー。

んなアホな。

「謝礼はこれしか出せないと先方が言ってます」

って、2回くらい念押ししたやんけ。

あの差額は一体どこへ流れる予定だったのか。


ヤダね。

お金の事でこんな気分になるの。

いいロケーションで、

いいイベントがこんなことで台無しになるの。

友人や生徒や、はじめての人たちにも

暑い中ちゃんと歌を聴いてもらえたのに。

若い兄ちゃんがほぼひとりで進行していたので、

もしまた呼んでもらえるのなら、

いろいろお手伝いできることがあるなと思っていたのに。


これって普通のこと?

私がバカにされてるってこと?

もちろん笑ってネタにしてやるつもりだけれど、

本当は怒りたい。

あくどいことすんな!

手数料だか紹介料だか知らんけど、

本当に必要な経費なら始めから先方と内々で話しをつけていればいい。

ちっちゃい嘘ついて、しかも主催者のせいにして、

後ろめたいことすんな!

お金を出す方も受け取る方も、

そのイベントを盛り上げようと一生懸命やっているのに。

だいたいねー、そんな手数料取るなら、ある程度は下準備してちょうだい;

私の歌も聞いたことないみたいだったし、

このお祭りの歴史や内容も全く知らなかったというから仰天。

ライブをする上で必要な機材や配線のことも先方に伝わっていなかった。

ただ、現地で出迎えてくれて台車をコロコロ押してくれて、

私がいただけるはずの封筒を鞄にしまい、

仕事があるので、と先に帰っただけだ。


なんなん

仕事を引き受けたつもりでいたので、

お金のことはもちろんだけど、それより何より、

身近だと思っていた人にあっさりダマされた気分。

これが全然知らん人ならよかったのだけど。

今がっつり絡んでる役所関連の事務局長やで。

偉いさんってこんなことしてええんか。

人間不信になりそう。

でも味方を変えれば、

それくらい私の音楽ってどうでもいいって思われてるのかも。

はぁー。


しかしですね。

来てくれた人には感謝してます。

呼んでくれた主催者にも。

本当にありがとう。

お天気でよかった。



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

週末の夜 [思うこと]

昔の恋人に会った。

すぐに気がついた。

あの特徴的なくるくるヘアーは、そんじょそこらにいるものではない。

週末の夜、騒がしいライブハウス。

音楽と笑い声、お酒と煙草の煙に満ちあふれた人だかりの中、

懐かしい後ろ姿があった。

 

この8年間、

なんせ一度も鉢合わせることがなかったものだから

本当に驚いた。

驚いたけれど、

呼びかけてわざわざ振り向かせることもないと思い、

気配を消しながらカウンターに近づき手早くビールを受け取ったが、

同行した友人、天然のまっちゃんが普通に声をかけてしまったので、

あっさり逃げ場を失った。


自分でも、かなり引きつった顔をしていたと思う。

久しぶり、とか、元気?とかいう類いの言葉を交わした。

それから、おめでとう、も。

彼は、震災の年に結婚していた。

散々だったであろう私との終末の日々を経て、

彼は本来の彼に戻り、

新しいパートナーと出会い

また新しい日々を積み重ね、決断したのだ。


大きな目、

鼻にかかった声、わざとからかうようなしゃべり方、

懐かしいというよりむしろ新鮮だったのかもしれない。

それくらい、当時の記憶があまりにも遠すぎて、

何かを思い出す隙さえ与えられないままライブが始まった。

ビートルズの陽気なナンバーが響く。


帰り際にも、また少し話しをした。

話し・・・、できてたのかな。

あれから爆発的に猫が増えたよ、とか、

車の運転が少しはマシになったよ、とか、

音楽や旅や写真や、共通の友人の近況やあの頃通ったお店、

話したいことが後から後からこみ上げてきて息が苦しくなったけれど、

全くうまく繋げられなかった。

不自然な間がいくつもできた。

人ごみの中でよかったのかもしれない。

あの頃、

無限の時間、無数の感覚をどんなに濃く深く共有していたとしても、

今はもう、私のパートナーではない。

それがすべてだ。

そんな当たり前の事実の重み、というか苦み、をビシバシ感じながら、

手を振り背を向けて、階段を降りた。

彼の目に今の私がどんなふうに映ったかは知らない。

そもそも自業自得なわけだし、だからといって

過去を振り返って立ち止まるのはなんかめちゃくちゃ悔しいし、

などと心の中でぶつぶつ言いながら、

おぉ、私もまだ女っぽいとこあるやんけ、と自嘲したのだった。


こんな偶然はたぶんもうないだろう。

お詫びとお礼くらいちゃんと言えばよかったな。

東京から戻ってしばらく、抜け殻みたいだった私が、

周囲も驚く程むくむくと元気になったのは彼のおかげ。

生活スタイルや価値観の違い、ワガママや思いやりや、

無謀な夢や醜い嫉妬、くだらない笑いなどなど、

何から何まで共有、共鳴し合い、常に支えてくれていた。

私には彼、彼には私しかあり得ない、と本気で思っていた。

可愛らしい、無敵だった二人。

そして今では、きっちり過去のこと。箱の中だ。

・・・アカン、また恨み節モードに(笑


そうそう、それに何より、

地元で根を張って歌い続けるきっかけをくれた人だった。

そして、

大人が真剣に遊べばそれが仕事になると信じ合った人だった。

どうか元気で、

これからもそんな仕事をしていてほしいと思う。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

今月の目標とHNT [思うこと]

スカッと晴れた空、

新緑の眉山、

新町川を渡る爽やかな風、

この時期が一番気持ちいいな~

などと思っていたら梅雨入りした。

しばらくはジメジメするのかな

ていうか、九州の豪雨がこっちにくるということは、

今夜は嵐。

雷が鳴ったらチロが心配だ。

川向いの結婚式場から打ち上げられる花火には慣れたけれど、

雷はすごく怖いみたい。

鳴いて暴れて、脱走しようとする。

冷たい雨が降ったら野良猫たちも心配だ。

この春生まれた赤ちゃんもいるだろう。

風邪をひいてしまわないか、お母さんとはぐれないか。

心配しすぎてクレイジーにならないように気をつけなくては。


さて。

今月の私の目標を発表する。

まずは、今週土曜のコンサートを全力で頑張る。

楽しすぎてひとりニヤけているかもしれないが、

それを越えて泣き出したりしないよう努力する。

そしてそれが終わったら、炎のピアニストになる。

再来週に控えたピアノ録音に備え、

弾いて、弾いて、弾きまくる予定。

一足先に、

めちゃめちゃナイスなベースとドラムが入ったので、

デモ音源を聴いていてもウキウキワクワク、

胸の奥から熱いものがこみ上げてくる。

今回のアルバムは、1曲をのぞいて全部生ピアノ。

こんなの「ちいさなまほう」以来。

調子に乗ってけんしょう炎にならないよう注意する。


 

もうひとつは、

炎のピアニストになるにあたって、

正当な手段で的確な燃料を修得する。

つまりは、呑みに行くんだコノヤロー。(笑

珍しく、しばらく町へ呑みに出ていない。

仕事以外にもやることがたくさんあって

(模様替えとか衣替えとかいう現実逃避)、

あまりゆっくりお酒を呑めなかったのだ。

これでは私の指は動かない。

うまい酒、うまい料理をゆっくり味わえる時間こそ、

私の最大のストレス解消、リセット、そして

頑張れるエネルギーになる。

偉そうに書くことでもないけれど、

要するに来週はいっぺん呑んだくれるぞってこと。



あとのひとつは、一日も早く日傘を買う。

まだ買っていないとゆー;

化学繊維のものは嫌なので、

白い布製のを探しているのだけれど、

どこにもない。

先日まで使っていて、

なんの警告なのか立て続けに壊れた2本の日傘は、

東京人にもらったものだ。

徳島にはないのかしら。

妹に言うと、ゆめタウンへ行けという。

あそこには何でもあるらしい。

物欲を押さえ込むのは、まず不可能らしい。

押さえ込む以前に、私の運転ではたどり着けないので、

来週フジグランで探すことにする。

早く買わなきゃ。

梅雨が明けてしまうではないか。

・・・まだか。

ひとりノリ突っ込みである。(以下、HNTと略)



でもま。

早く手にいれなくちゃとアセアセしていても、

やがては言うほど必要がなくなるということも、ままある。

人生においてもまた然り。

あんなに欲しかったのになー、

あの頃の気持ちはどこいったかなー、

などという残念な結末に、

若干信じ難い気持ちと、どこか安心する気持ち、

つまりは自分とは未知でありいい加減でもあり、

それゆえに人生はおもしろい、

とまぁ、ひとり納得している今日この頃。

・・・歳か。

HNTである。



いや、あかんって。

今年こそ日焼けをしない女になるんだった!

もう二度と、ゴボウみたいとは言わせない!

・・・モヤシか。

HNTである。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。