So-net無料ブログ作成
検索選択
動物のこと ブログトップ
前の10件 | -

命が教えてくれること [動物のこと]

去年10月、ひとりの男性と1匹の犬が、
トラックにひかれて死にました。
男性は視覚障害者、犬は盲導犬でした。
運転手が後方の確認を怠ったこと、
トラックが後退する際に鳴る警報ブザーが
切られていたこと、
2つの要因がふたつの命を殺してしまいました。
彼らは、
事故が起きたその週に私の母校でもある小学校で講演会をして、
その後盲導犬は長年の務めを経て引退する予定でした。

5月、徳島バスの車内に、
彼らのことや盲導犬の活動を紹介するポスターが展示されました。
自分たちの町で起きてしまった事故、
車の運転をする人や、犬を飼っている人など、
それぞれに胸を痛めながら観たことと思います。
警報ブザーに関しては、
近隣から「うるさい」と苦情を受けて切っていたという運転手。
本当に、本当に、考えさせられます。

死んでしまってから気づくこと、
生きていく中で感じられること、
そのどちらも、命の尊さ大切さを教えてくれます。

そして、いつも私を応援してくれている仲間、
動物、音楽、お酒、映画で繋がっている友人たちが動きました。
直感を信じるしなやかな心とフットワークの軽さを併せ持つ彼女たち、
たくさんの人に観てもらおう、そして考えてもらおう、ということで、
展示会をバトンリレーで開催することになりました。
県南は海部から、
牟岐、羽ノ浦、小松島と北上する予定。

今日から7(火)まで、「JR海部駅 あまべの杜」、
8(水)〜11(土)海陽町「なごみ薬局」、
13(月)〜17(金)薬王寺前の「花畑パン屋」、
また、夏休み中7月21〜8/31は
牟岐町「海の総合センター内 図書館」にて開催されます。
彼らの生きた証、ぜひ観に行ってください。

タイトル.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

雨続き [動物のこと]

梅雨に逆戻りかと思うくらい、毎日雨の徳島です。
からりと晴れた秋空はいつになるやら。
ピアノの生徒たちは
「2学期になって1回もプールせんまま終わってもた」
とぶーぶー言うてます。
運動会の練習すらままならないね。お気の毒に。

さて。
チビチビたちが新しいお家へいって、
次こそええかげん君たちだぞと募集準備をしようとした矢先、
突然調子を崩したリボンとダンゴ。
リボンは数日で元気になり、よく食べて走り回っていますが、
一方のダンゴが日に日に弱って、ついに水しか飲まなくなりました。
7月初旬に保護してからというもの、
まったく人馴れせず、
こっちが打ち解けようとしても拒まれ続け、
困っていたのですが。
結局チビチビたちに先を越されて、
不調のサインもうまく理解してあげれず・・・
辛いなぁ。
なんでネコ語が分からないんだろう。
なんで獣医学の勉強してこなかったんだろう。
お腹も顔も痩せて力なくフラフラと歩く姿に、
なにもしてやれず、ただメソメソするしかない私。
お天気の相乗効果で凹むばかり。
そしてついに今日、入院することに。
原因究明よりも食べることを優先に、先生に託してきました。
どうか無事で。早く元気になってほしい。
がんばれダンゴ!!
帰ってきたら、絶対仲良くなろう!!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

強くあれ! [動物のこと]

7月の蒸し暑い夜、
チロタンの小屋の上に捨てられていた生まれたての子猫たち。
偶然発見した人、すぐに連絡をくれた人、受け取ったオトン、
それから治療をしてくれた病院の先生、
心あるみなさんのおかげで小さな命は救われ、
その後もすくすく育ちました。
2時間ごとのミルクが3時間、4時間ごとになり、
目が開いて、耳も立って、でかい声で鳴くようになり、
細く短い手足でパタパタと歩くようになりました。
先輩ネコたちが遊びの相手をして、
常に全身運動、パタリと動かなくなり爆睡、
目を覚ますなり高周波並みの鳴きっぷり・・・
ライブだろうと夏バテだろうとお構いなし、
それはそれは賑やかな育児サマーでした。
里親募集はまだまだ先だと思っていましたが、
縁あって、
クロチビはピアノの生徒のお家へ、
そしてチビチビは、岡山のファンのお家へ、
それぞれいきました。
そしてまた少し、静かになりました。


よろしくお願いします。
そう言って頭をさげるとき、
じゃあね、と小さな体をなでるとき、
空っぽのケージをさげて歩くとき、
家に帰って、使っていたお皿やタオルやおもちゃを片付けるとき、
いつも、何度でも、視界がぐにゃりと歪みます。
いいかげん、慣れてもいいのに。

でも。
これでいいのだ。
これが保護活動として一番良い流れ、良い形。
家族に迎え入れてくれる人がいるからこそ、
私はまた、次の命を助けることができる。
もう限界、もう無理、そう言わずに済む。
私の日頃の活動をよく理解してくれていて、
向こう20年の暮らしが変わるような決断をしてくれた人たちに、
心から感謝します。
本当にありがとう。
・・・だから。

強くあれ!

チビチビたちにではなく、
自分自身に言い聞かせる今日この頃です。

岡山のファミリー、実は4年前保護した「モミミ」の里親さんです。
当時は姫路のお家に連れていきました。
そのときの記事です。


<8月の日々のこと6>

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

バカチン!!! [動物のこと]

私は怒っている。
確信犯の可能性が高いので、ここに書きます。
関係ない人にまで負のオーラをばらまいてしまうけど申し訳ない。
なんせ、めちゃめちゃ怒っているのでご勘弁を。

土曜の夜、
生まれたばかりの2匹の子猫を
チロタンの小屋に置いていったそこのあなた。
偶然ですか?
それとも私のことを知っているのですか?
ここに置けばきっと助けてくれると思ったんですか?
どっちでもいい。
とにかく。

あんな平らな箱に入れるなよ!
空気孔くらい開けとけよ!
生きてる命を捨てるなよ!

確信犯ならエビスビール
1箱くらい一緒に置いとけよ!
バカチン!!!

というわけで、
命を粗末にするアホなやつのおかげで
結婚もしてないのに子育て中。
今回もシングルマザーです。
3時間おきに授乳、排泄、
お湯を入れたペットボトルやタオルの交換、
エンドレス。
睡眠不足でヘロヘロ。
でも怒っている。
これからライブが続くというのに。

ノイローゼ気味のくたびれた母ちゃんのようですが、
夏ライブスタートです。
明日とあさって、連続。
心とは裏腹に、爽やかな風のような皆谷尚美の世界をぜひ。


●明日「恋のバカンス
Open19:30/Play20:00
Live & Bar Funky Chicken(栄町1丁目50 言問ビル2階)
チャージ1500円(1ドリンク付)
出演 さらりよ・ジミスギターズ・皆谷尚美
問い合わせ 088-635-1775

●明後日「吉野川フェスティバルモーニングライブ」
9:00~
吉野川グラウンド(吉野川河川敷広場)
入場無料

nekohako.JPG
こんな箱に詰め込まれていました。
この時期に、きっちり蓋閉めるか?フツー。

neko2.JPG
体中ノミだらけ、たくさん血を吸われて箱の中は真っ赤。
体温も下がっていました。
お湯を入れたペットボトルを簡易湯たんぽに。
母ちゃんの代わり。

neko1.JPG
まだ目も開いていませんが、
母ちゃんを探して全力で鳴きます。
怒りとやるせなさで心が壊れそう。
でも、頑張って育てるからね。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ベージ&カブキ通信 [動物のこと]

昨年秋に保護した子猫たち。

3きょうだいのうち一匹は

ワインバーのひろちゃんが引き取ってくれて、

先輩猫と供に元気に暮らしている。

残る2匹をツイで引き取ってくれたのが、

近所のマクロビカフェで運命的な出会い方をしたご家族。

今でも時々様子を知らせてくれる。

巡り会えたのもなにかのご縁、

過酷な運命下にあった小さな命を家族として迎えてくれて、

本当に感謝の気持ちでいっぱいだ。

特に初めて動物を飼う人なら、なおさら。

何をどうしていいか分からないし、

つい神経質にもなってしまう。

猫の行動に毎日驚かされ、きっと精神的にも落ち着かないと思う。

でも。

ちゃんとコミュニケーションを取っていれば

ある程度のことは乗り越えられるんだな。

これは経験談。

遠慮なく聞いてほしいし、私も分からないことは一緒に学ばせてほしい。

なにかあったらすぐに飛んでいきたいし、

できることは協力したい。

サインして受け渡してハイ終わり、だなんて

システマチックな今のペット業界はどうかしていると思う。

一緒に心配して、アタフタして、

可愛さや愛おしさにキュンキュンして、

あぁこの子を助けてよかったな、と思いたい。

この子の幸せは私の幸せ。

少しでも安全で温かい場所で、元気に生きてほしい。

茂みの中、溝の中、はたまたダンボール箱の中、

最初に手を伸ばした私の責任でもある。

絶対に、幸せに暮らしてほしい。


 

というわけで、

屋根裏部屋や天井のハリがある素敵な一軒家で、

小学生のわんぱく坊やと一緒に2匹ともやんちゃに暮らしています。

天井のハリに関しては、

板を買ってきて父ちゃんがロープでくくりつけ、

渡り廊下を作ってくれた。

愛されてるなぁ。

だけど・・・残念(笑

母ちゃんはやっぱり母ちゃんやなぁ。

一番に心を開いたみたい。

人見知りが激しくて、家で野良猫状態だったカブキも、

今じゃ坊やを差し置いて一日中ぺったりなんだとか。

時間も忍耐も手間もかかるけど、

動物がいる暮らしの楽しさ、愛の溢れ度合いはハンパないと思う。

それは、飼っている人だけが味わえる最強の癒し効果。

近々、遊びに行ってみまーす。


IMG_5627.JPGこのぬくもりがたまらん!

 

IMG_5634.JPG正直ちょっと重いけど。

 

IMG_5756.JPG体勢もきついけど。

 

IMG_5628.JPGケンカも大事。


IMG_5629.JPGソファの下。のびてます。

 

IMG_5630.JPG四角いのにも入ります。

 

IMG_5631.JPGセクシーポーズだってします。

 

IMG_5633.JPGなに考えてるのかな?

 

 

 

IMG_5635.JPG 父ちゃんとでれーーーん。

 

IMG_5636.JPGテレビよりアタシを見て。

 

IMG_5754.JPG さすがきょうだい。

 

IMG_5755.JPG いつまでも、仲良くね。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

迷い猫、その後 [動物のこと]

愛護センターにも動物病院にも問い合わせがないまま
一週間が過ぎました。
飼い主は本当に探しているのだろうか。
徐々に疑いの念が強まる今日この頃。
こんなこと、あるのか。
普通、家猫が飛び出して行方不明になったなら、
必死で探すよね?
マンションなら管理人や掃除のおばちゃんや
隣近所の住人に尋ねてまわるよね?
行きつけの獣医さんや愛護センターに真っ先に問い合わせるよね?
何故なんのリアクションもないんだろうか。
土曜日に引っ越し業者のトラックが停まっていたけど、
まさか、置いていった?

鼻先に黒ブチが3つあるので三ツ星のミツくんと呼んでいます。
かなり愛嬌のある顔です。
そして、ここは私が室内猫だと確信した決め手なんだけど、
ものすごーく手入れされた猫です。
首輪の痕はありません。
爪は切りそろえられていて、
耳も鼻も目もとってもキレイ
当然ムシもついていません。
マンション慣れしているようで、部屋中ぴょんぴょん軽快に歩きます。
それにたぶん、女の人に飼われてたんじゃないかな。
かなり人なつこくて甘えんぼです。
預かってくれているおばちゃんいわく、
夜はベッドで一緒に寝るそうです。
外に出たがるし、マーキング行為の様子があります。
1歳前後だな、たぶん。
独断で悪いけど、明日去勢手術をします。
この成り行きでは、もう仕方ない。
里親募集の可能性大。
絶対近所の猫だと思ってたのに。
早期解決間違いないと思っていたのに。
考えたくはないけれど、
どこかに飼い主はちゃんといて、
保護されたことも知っていて、
心のどこかで安心しているのだとしたら、
どんな事情があるにせよ、
こんなやり方でしか手放せなかった
あなたの生き方そのものを私は軽蔑します。
家の中しか知らなかった子が、
突然外に放り出されるって、どれほどの恐怖か。
子を持つ親じゃなくたってそれくらい分かるでしょう。
ロビーでうずくまっていたから助かったものの、
人目につかない暗い場所に隠れてしまったら、
脱水症状を起こして動けなくなっていたかもしれない。
外猫に襲われて致命傷を負ったかもしれない。
飼い主の責任って、命を守るって、
こういうのちゃんと分かってないとアカンだろ?
・・・とまぁ、説教より何より、
飼い主さん、はよ出て来て!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

保護猫2015 [動物のこと]

シリーズ化・・・してます。
私の意思とは反して。
こんなもんだよね。
ライブとかリハとか美容院とかデートとか、
外せない何かがあるときに限って、
外さざるを得ない何かが起きる。
人生試されてまーす。

とりあえず、飼い主がいると信じてみる。
たぶん近所にいる。
じゃなかったら、わざわざ車に乗せて捨てにきたことになる。
子猫ならまだしも、
1年近く一緒にいた猫をそんなふうにするかな。
それくらい、
キレイ手入れをされた、人なつこい猫です。

大人猫なので、我が家には入れませんでした。
キキオもフサオもシマオもワオンもシャアシャアゆーて大変でした。
ここでまたしても、近所のおばちゃん大活躍。
ご協力ありがとう。
飼い主さん、どうか必死で探してね。
簡単に諦めないでね。
昨日までいた我が家がいいに決まってる。
絶対家に帰るぞー!おーー!!

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.810527435691816.1073741992.100002037007197&type=1&l=a41808b17d
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ただ、受け入れるしかない [動物のこと]

困ったなぁ・・・困ったなぁ・・・

さっきからそればっかり言っている。
実際声に出して言っているので、
そばにいる猫たちも、
そのうちインコみたいに復唱しだすのではないかと思われる。

近所の猫のこと。
私は、毎日の暮らしに必要なお金(食べることや呑むことや、
多夢や猫たちのごはんや車のガソリン音楽活動の経費)以外を、
近所の猫のために使っている。
毎日のごはん、掃除、健康チェック
不妊手術、そして里親探し。
地域猫(TNR)活動、ともいう。
徳島ではまだ知らない人も多いけれど、
都会では公園や野外施設で交代でボランティアさんが入って、
問題にならないように、これ以上増えないように、
そして今ある命を全うするように、活動している。
愛護法でも認められていること。

私の場合、これはもう、
趣味と思っていただいて構わない。
誤解があろうとなかろうと、
自己満足だろうとなかろうと、
どうしても気になって、
どうしてもどうにかしたくて、
だけど残念ながら誰も協力者がいないので、
たまたまひとりでやっているだけ。
野良で勝手に増えた子や、ある日突然捨てられた子も、
ヘソ天で爆睡しているうちの猫たちも、
みんな同じ命だと考える。

でも、決定的に違う、命の長さと濃さ。

外猫の平均寿命は約3年。
短いと思うでしょ?
だけど彼らは木登りをする。
びっくりするような高さから飛び降りて、
チーターみたいなフォームで走っていくし、
飛んでいる虫をジャンプして捕まえて美味そうに食べる。
強い者とハチ合わせる度に命がけのケンカをして、
負けた方が出て行く。
本能のまま、濃く、短く、生きている。

一方の家猫は、15年以上。
日だまりやコタツや飼い主の膝の上で、
日がな一日のんびり過ごし、
確実に美味くて栄養のあるごはんを食べる。
木登りも縄張り争いもしない代わりに、
人間の出す生活音や匂いや強引な愛情表現に耐えながら、
ゆるく、長く、生きている。

いつも思う。
どっちが幸せか。
彼らに尋ねたい。
そして、できれば言う通りにしてあげたい。
もしも私がドラえもんと遭遇したなら、
脅してでもほんやくコンニャクを出させるつもりだ。


話しがそれました。
近所の猫のはなし。
今日の夕方、いつものところに行くと、
新顔のオス猫がいた。
ほっぺが腫れていて、後ろ足が上がったまま。
それだけで、彼の歴史が見て取れる。
馴染みの猫が距離を置いて威嚇する。
この子はまだ2歳くらいで、
本来ならば先週捕獲して病院で去勢手術を受ける予定だったのだが、
私が風邪でダウンしたのでやむを得ず延期になったのだ。
私の目の前で、ごはんを横取りされて、
執拗に追いかけられて、
遠くでものすごい悲鳴をあげていた。
たぶん、ケガをしたと思う。

本来のあるべき姿、あるべき猫社会のルールを前に、
なにもできない無力な私。
変に首を突っ込むから、知らなけりゃいいことを知って凹む。
愚かだ。
動物愛護をからかう人が得意げに言うセリフの中で、
唯一その通りやな、と思えるのがこれ。

ほっといたらええのに。
中途半端に手出しするから自分が辛い思いをするんよ。

彼らがいう「中途半端」とは、
すべてを救えないのに、ということ。
そりゃそうだ。
でも、ほっとけんのに。
できるならどうにかしたいのに。
人間社会とも、猫同士の争いとも、
うまいこと折り合いをつけて健康で楽しく生きてほしいって、
真剣に思ってしまうのに。
あぁ、なんて愚かな。

今頃彼はもう、遠くへ追いやられてしまったかも。
ケガをして、化膿して、歩けなくて食べれなくて、
どこかの茂みに身を潜めて、
雨に打たれてやがては死んでいくのかも。
外猫の運命。
私のちょっとしたお世話や同情や涙なんかは所詮無意味で、
どうにもならないことかもしれない。
ただ、受け入れるしかない。

分かってるけど。
なんとも言えない気持ち。
今夜のお酒は美味くない。
長文お付き合いありがとう。


nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

モミジ通信 [動物のこと]

姫路に住むモミジ(旧モミミ)の里親さんから
お便りが届きました。
先日めでたく、ヒト科の赤ちゃんが産まれたとのこと。
男の子だそうです。

momiji.jpg
ご対面!!
モミジは早くも姉ちゃんぶってやろうと、
お世話をしてくれているそう。

momiji2.jpg
添い寝してます。
かわいいなぁ〜〜〜〜〜。
ちゃんと共存できるんだもんなぁ。

パパとママには本当に感謝です。
またライブついでに会いに行こうと思っています。

モミジ、
ナツメ姉さんとも協力して、しっかりお世話してね。
毎日楽しく仲良くね。


最近の、日々のことです。
<中年女子の会>


<食欲の春>

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ズーズー通信 [動物のこと]

クノに続きまして。
岡山に行ったズーズーの里親さんからのお便り。
昨年の秋、施設に入ったおばあちゃんちに置き去りにされた
預かってくれていた大学生のご両親がバトンを繋いでくれました。
あの時、いろんな面でギリギリだったけど、
衰弱する前に助け出せて本当によかった。
今じゃ、
病気であることを忘れさせるくらい元気に暮らしているそうです。

zuzu2.jpg
ズーズーinビニール袋

zuzu3.jpg
ズーズーin段ボール

zuzu1.jpg
ズーズー under the コタツ。

zuzu4.jpg
ズーズー on the 父ちゃん

和室の畳を巨大な爪研ぎと勘違いしているらしく、
用意した本物の爪研ぎや丸太に見向きもせずバリバリやっているんだって。
あはは、ウケる(笑
いや、すみません;;

でも、本当に愛されているのが分かります。
母ちゃんからのメールにも、大事にしてくれていることが
にじみでています。

放棄や虐待や転売・・・
動物に関わるボランティアをやっているとあらゆる「悪い人」と
否応無く出会ってしまう確率が高くて、
どうしても暗く重たい気持ちを隠し持ってしまうのだけれど、
こんなふうに命のバトンを繋いでくれる人たちがいて、
本当に私自身が救われています。
ありがとう。

お酒も好きだけど、
私が得るお金と作り出せる時間、
それに体力と気力が続く限り活動していこうと思っています。

ズーズーがあと何年生きられるか分からないけど、
そう遠くないうちに岡山ライブを企画して、
様子を見に行こうかなと思っています。


タグ:保護猫
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
前の10件 | - 動物のこと ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。