So-net無料ブログ作成
検索選択

マクロビオティック [食のこと]

マックに行っても「お肉抜いてください」ってなる。
フィッシュバーガーにすれば?って言われても
得体の知れない魚は怖くて食べられない。
コンビニのお弁当にもどっかに必ず肉系のものが入ってる。
レトルトのカレーやソースは、
なんだか変な匂いがして食べれない。

そう、私は肉が食べれない面倒な女なのだ。(今頃;)
かといって、
毎食オーガニックなものばかりを選んでいるわけではない。
有機と名のつくものはたいてい割高で少量、それに
せっかく楽しく料理しているのに
神経質になるとおもしろくない。
なので、外食する時くらいは、いいものを選ぼうという主義。
特に、身体が重いなぁ、とか、気分が沈むなぁとかいう時には
私にとっては効果テキメンのマクロビごはん。

肉や魚や乳製品など、動物性のものを一切使わず、
有機栽培の野菜やお塩、お醤油などでシンプルに味付けされた、
いわゆる精進料理の西洋版。

徳島でも数少ないんだけど、
偶然にもうちの近所にある、その名も
「スローフードレストラン ガス灯」


lunch4.JPG
マッシュルームのグリル。
勝浦だか上勝だかの乗馬クラブから今朝届いたのだそう。
馬にキノコ?
塩だけのシンプルな味付けで、ふっくらジューシー。

lunch3.JPG
マッシュルームのポタージュ。
これまた濃厚で、森の香りがした。

lunch2.JPG
メインのロールキャベツ。
中には大豆をお肉っぽくしたものともち米みたいなのが。
ナイフがスーッととおり、やわらかくて甘い。
玄米の焼きおにぎりはミニサイズだけど、
着色料や甘味料を使っていないたくあんと一緒に
しっかり噛めばだんだんお腹がいっぱいに。

lunch1.JPG
シメのデザートは、
古代米とクコの実の甘酒。甘くて香ばしい漢方みたいな味。


一品ずつ運ばれてくるお料理には、
すべてコックさんの解説つき。
どこからきた野菜が、どういう味付けになり、
身体に作用するのかがちゃんと分かる。
酒は好きだが胃腸は弱いので(笑)、
外食をしてちょっと油っぽいものを食べるとすぐ調子を悪くしていたけど、
こういうごはんは不思議とそれがない。
どんなに満腹になっても、身体が軽い。
コックさんは言う。
「有機栽培の野菜や調味料をそろえるのは大変だと思うけど、
とにかく粗食を心がけていればいいんです。」
ほんまやなぁ、と思う。
なんでもいいからガツガツ食べちゃう!って時は、
なんか攻撃的というか、身体と心のバランスが崩れている時だと思う。

マクロビを意識するようになってから、
嫌いなキノコ類もたいぶ克服できた。
牛乳の代わりに豆乳にして、
ナントカの素とかタレとかはやめた。
でも、乳製品もよくないとされているので、
チーズを我慢しなきゃいけないという大きな壁が。
ワインにはチーズでしょ!というのを
ピクルスでしょ!にすればOKかな。

ともあれ、
基本は野菜のごはん。
たまに魚、チーズ、ラーメン、甘いもの。
つねに酒。
みたいな。

10年前と比べると、冗談みたいに健康です。
ガス灯のマクロビランチは、前日予約が必要。
お一人様でも注文可能だそう。(笑)
きのうは、コーラスきえたんと行ったんだけどね。
彼女はこの週末、故郷山口へ帰ります。
今までありがとう。お疲れちゃん。





nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

ヨウ(自然児)

昔、ガス灯のマッチが家にありました^^
皆谷さん、あの辺りにお住まいなんですねー^^

野菜いいですね^^
たまにフライドチキンをかぶりつく35歳ですが。。。
by ヨウ(自然児) (2012-03-11 11:16) 

Naomin

*ヨウさん
アピールしますね。
いくつになっても元気のためならチキンもいいんじゃないですか。
by Naomin (2012-03-14 22:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。